賃金カットに役立つ営業代行会社の賢い活用方法

賃金は考えている以上に負担になります

会社を運営管理する上で正規雇用社員を起用するのは基本条件といえ、会社組織のスケールは実務者のスケールであるともいえます。当たり前ではありますが社員を起用することは労働にふさわしい給料を払わなければいけません。賃金は払わなければならないとはいえ、会社組織にとりまして負担です。それに加えてありとあらゆる社員が堅実に数字をアップさせることができるわけでなく、その中には得るもののない時間外労働をして利益を出そうとする人もいます。

営業部は離職する率が高く負担が重い

営業については常時目標であったりノルマを追いかけ続けなければならないこともあって負荷が非常に大きく、その結果労働時間が長引いてしまったり、業務そのもののボリュームが多いことから離職する率が高い部署とも言えます。その結果絶えることなく新たな形での人材を追い求め続けなければならない部門といえます。したがって、人材を雇った状況では研修費用もかかることからトータルコストが大きくなってしまう場合も少なくありません。

営業代行の専門会社活用のメリット

営業代行をオーダーすれば、営業を実行する人材をダイレクトに雇い入れするということではありませんので、賃金カットすることができます。それと同時に、仮に営業代行の専門会社の人材が辞職してもスピーディーに充填されるので担当者確保の上で四苦八苦することはありません。加えて、営業スキルを持っているエキスパートですので、研修の必要性もないため手数もかからないといえます。さらに、ピーク時や閑散期にしたがって依頼することができるのです。

一口に営業代行といっても、その責任範囲は依頼主によって異なりますが、その多くは単純支援タイプで占められています。たとえば、あらかじめ用意された電話番号を用いたアポ取り営業が代表的です。