人件費を抑えて営業活動!?アポ取りは代行会社に依頼

営業を抱えていることの経費負担

営業は外から仕事を取ってくるのが仕事といわれるように、個人であれ法人であれ、訪問して説明して興味を持ってもらい、契約や購入をしてもらうことが大事になってきます。しかし訪問した先でこの流れによって話を進めていけるかと言えばそうでもなく、まず家の人とお会いできない、担当者をお会いできないということが一つの壁になっています。その壁を超えるために、数多く訪問して会って話を聞いてくれる人を探し出すのか最初の仕事になります。

固定費を削減して外注を生かす

そのため多くの営業を抱えて訪問させて話を聞いてくれたお客さんや見込み客と言われる人を探します。しかし多くの人を抱えると企業にとっては人件費が膨らみ利益を圧迫することになります。そのため、多くの人を抱えて最初からの訪問をさせるのではなく、社員として抱える人材は説明やクロージングを専門にさせるとし、営業の社員数を少なくしている企業もあります。その場合にアポ取りのために訪問活動をさせるのは、営業代行会社に外注してやらせます。

営業代行にアポ取りをおこなわれること

営業代行会社には商品の最低限必要なな説明をしておき、各人や各社を訪問してアポ取りを専門に実施させます。そこでアポが取れた場合には、営業の正規の社員が訪問して説明をします。営業の正社員にとっては説明からスタートできるという効率のよい流れになります。逆にアポ取りのために動いてくれる営業代行会社はアポが取れたらいくら支払いという契約もあり取れたら支払うという仕組みで効率よく仕事ができて、経費の面でも効果的に活動ができます。

企業が営業代行サービス導入を考える際は、まず営業戦略が明確に方向付けられているかどうか確認することが大切です。戦略が確かで無ければ、細かな営業戦術を編み出すことが出来ないためです。