多芸が身を救う!?派遣スタッフの運転手に求められるもの

運転する車の種類は意外と多い!

派遣業界の活発化に伴い、これまで無かった業種にも盛んに進出する様になりました。派遣ドライバーはその最たる例で、役員送迎からマイクロバス、観光バス、トラックに至るまで、実に様々な車種や業種のドライバーが派遣スタッフとして募集される様になったのです。ここで気付くのはやはり扱う車種の多さ。確かに一つの派遣事務所に登録している程度であれば、派遣先やそこで扱う車種も安定しており心配は無いのですが、派遣先が頻繁に変わる事により、そこで扱う車種がコロコロ変わる様ではやはり不安ですよね。

扱える車種の守備範囲を広くして

運転手専門の派遣事務所に登録する際は派遣先で運転する事となる車種とその安定性について必ずチェックすると共に、最悪運転する車種が頻繁に変わる派遣先でも十分に対応出来る様、個人でも行っておける対策はあるでしょう。大型や特殊など様々な運転免許を継続的に取得してゆく努力を続けるのも一つの方法ですし、暇さえあればレンタカーを利用して色々な車種を借り、実際自身で運転してそのコツを掴んでおくといった対策も取れますよね。

苦手な車種は事前にはっきり申告しておく

実際に派遣先で働き出してからそこで扱う車種の運転が苦手であるという事を伝えても派遣先に迷惑が掛かるだけですし、登録した派遣事務所に対する心証も悪くなってしまいます。仮に応募出来る派遣先の候補が大きく減ってしまう事になっても、事前に自分の運転が苦手な車種をはっきり事務所側に伝えておき、確実にマッチした案件のみ紹介してもらう様にすればこうしたトラブルは防げる筈。先に述べた自身の適応への努力と並行して、現時点で派遣先に迷惑が掛からない最善の選択をしていきたいものですよね。

運転手の派遣とは、文字通り運転手を派遣してもらえることです。会社によっては一日だけの派遣から長期にわたる派遣までも可能です。不定期的な利用が可能な会社もあります。信頼のおける運転手さんも募集中です。