仕事の効率を飛躍的に上げるためのポイントとは?

残業をしないよう心掛けること

仕事を効率よく行うためには、まずは残業をしないように心がけることが大切です。日本人の特性として、上司より遅く帰ることはしにくい、遅く残っているほど頑張っているという評価を貰えるというものがありますが、実は残業をすることによって効率が悪くなるのです。人間は集中できる時間が決まっていますので、ダラダラと残業をすることにより、効率自体は下がっていることになるのです。定時で仕事を終え、また次の日に頑張るというのが良いのですね。

風通しの良い社内にすること

仕事の効率を上げるための方法として、社内の風通しを良くするという方法があります。情報を自分一人の中に仕舞っていたり、上司が部下との連携を取れないタイプだったり、同僚同士の横のつながりが薄かったりしますと、効率的な仕事とは程遠い状態になってしまいます。有益な情報は全員で共有していた方が、きちんと生かすことが出来ます。ですので、意見や情報と伝えやすい、風通しの良い社内であることが必要になってくるのです。

無駄な会議はしないこと

業績が伸び悩んでいる会社の特徴として、会議の回数が多すぎるというものがあります。ダラダラと前置きの長い会議を、週になんども行っていますと、その他の大切な業務が滞ってしまうことがあります。さらに、有能な社員を会議室に閉じ込めてしまっていては、本来すべき仕事が出来なくなってしまいます。ですので、会議は本当に必要な時だけ行うようにし、前置きや挨拶は抜きにして、時間を決めて本題だけを話し合うようにすれば良いのです。

ワークフローとは、仕事のやり方と手順を示すものです。定期的な見直しを行うことで、無駄を省きより効率的なものになります。