独立開業を考えている人のための心得ーその3選

辞表を出す前に確認しておくこと

まだ辞表を出さずにいる人は、気持ちの整理をしておくことが大切になります。まず、この会社に人生を賭ける価値があるかどうか、更に終身雇用の確認をしなければなりません。独立するということは、頼れるのは自分だけとなります。会社は自分の人生を保証してくれるところなのかを問う必要があるのです。独立は辛いこと、悲しいことが続きますが、その時に辞めなければよかったと、後悔するようであれば事業の成功は難しくなるからです。

能力を発揮できる分野を探す

勤めをしている時から、会社に頼らないで自分の領域を持つことを考えて実行することです。少なくとも検討だけでもはじめることで自己防衛機能が働いてきます。これは、独立したときに会社に頼る姿勢を最初に排除しなければならないからです。そうして、仕事を通して培ってきたことを認識しなければなりません。これは過去の自分の携った仕事と、その仕事から得られた知識やノウハウを書きだしてみることです。この中から能力を発揮できる分野を探し出すことに役立ちます。

お金を貯めておくこと

独立して事業展開が始まっても売り上げと収入とは関係ありません。収入が安定してくるまでには時間がかかるものです。しかし、家賃や食費などかかるものは一人者でも必要となります。ましてや、家族がおれば月々の生活費は欠かすことができません。いくら位貯めたら良いかは、実際に家計簿を付けて計算をしておくことです。特に、事業をはじめると、当初考えていた以上にこまごまとした経費がかかり、お金に羽が生えた如く飛んでいくのです。

フランチャイズとは、本部がビジネスに必要な要素をパッケージ化して加盟店に提供するビジネスモデルの事を言います。これにより、加盟店は事業展開が容易になり成功率も高くなっています。