システム開発の基本的な考え方とそのスキル

意外とコミュニケーション能力が大事

システム開発といいますと兎に角コンピュータの知識があるエンジニア、というイメージがあるでしょう。それは間違っていないのですが、一面的なことであるともいえます。パッケージされる製品であれば自社製品として開発できますが最近のシステム開発というのはその企業に合わせて作る、改良していくことになるからです。つまりは、折衝、クライアントとの話し合いがとても大事になります。そして、この時にコミュニケーション能力が求められます。

相手はコンピュータのプロではない

業務システムなどを導入、或いは開発しようとしてる場合において、クライアントと話し合いをしてシステムの概要を詰めていくのは当然です。そこから設計をしていくことになりますが相手がどんな機能を求めているのか、というのが言語化されていないことが多いので注意が必要でしょう。つまりは、なんとなくこうしてほしい、という漠然とした注文になることもあるのです。そうしたときにシステム開発者の腕が試されることになるでしょう。

クライアントの求める業務システムを

そもそもそのクライアントがコンピュータに詳しくない場合は、業務システムを入れたいといってもどんな行為が非効率的であり、コンピュータを導入する価値があるのか、と言うことから把握していく必要があります。それにかなりの時間を割くこともあるのです。システム開発とはコンピュータの知識のみで成立つことではないので覚悟しておくべきでしょう。もちろん、現場で一文字一文字プログラミングをしていく人材も重要ですが、クライアントから真意、求めるシステムの概要を引き出すことがまずは求められます。

何年か一度に大幅なnotesのバージョンアップが行われ、カスタマイズされたイントラネットシステムが動作しなくなることがあります、そんな時の為にシステム構築時に保守契約をセットで結ぶ事が多いです。