適性検査対策!?自然体での結果で判断してもらうこと

適性検査の書籍が多く市販されている

就職活動をしていると履歴書といった書類を提出して、面接は当然のようにおこなう企業が多いです。そのような企業の中でも、筆記試験もおこなう企業も多くあります。その筆記試験の内容も、有名なSPIをはじめとして、その企業で作成したような国語、算数、英語の問題が出されることもあります。SPIといった適性試験について、どこの企業も似たようなものであり、その結果がどのようなものかは企業側からは知らされませんが、多くの書籍が販売されています。

結果次第で採用が左右される

そのためSPI試験がおこなわれる企業対策として、市販されている書籍を使って勉強をします。日常的には表面的には出てこない潜在的な性格がわかったりするので、その結果がその企業の人事担当者に高評価を受けることができるような結果ができる回答方法を学んだりします。その結果次第では、向いている職種も明確に判断されるために、営業を募集しているのに自分が経理に向いているといった結果が出ては採用される可能性も低くなるためにその職種に向いた結果が出る回答を心掛けます。

自然体で受験した方が後が楽

また最近ではメンタルの不調を訴える社員も多くなっているという背景から、ストレス耐性を調査できるような試験もあります。この試験の場合にはストレス耐性が低い場合には、どのような職種であっても採用を手控える企業が多いです。しかし適性試験でいくら頑張っても入社後にいろいろな場面に出くわした場合、やはりアンマッチであることを感じる結果になることが多いため、適性試験は特段の対策を練ることなく自然体で臨んだ方が入社後の仕事をスムーズにおこなえます。

企業の採用時などに適性検査はよく行われます。面接に進む時の参考資料としてもよく使われることが多いです。