電子カルテを使用することによるメリット3選?!

受付や会計がスピードアップ?!

受付や会計の際、従来の紙のカルテの場合、たくさんのカルテの中から一枚を探し出さ無ければいけません。いくら慣れているからとはいえ、多少の時間はかかってしまうため、患者さんの待ち時間が長くなってしまうでしょう。しかし、電子カルテの場合は、検索するだけで出すことができるので、時短になり、患者さんの待ち時間は減るでしょう。また、紙のカルテの場合に行わなければいけない搬送作業や片付けの手間もはぶくことができます。

自動チェック機能でミスを無くす?!

紙のカルテの場合、細心の注意を払っていても人間の手で書き、人間の目で確認するので、ミスが起こってしまいます。また、確認の作業も全ての紙のカルテをチェックするためには、多くの時間を要すでしょう。しかし、電子カルテの場合は、自動チェック機能が搭載されているため、自動でミスを検知してくれるのです。病名チェックや投薬チェックなどを行ってもらえるので、正確なカルテを作ることができるようになりますし、確認作業に使用する時間を省く事ができます。

検査センターと繋ぐことが可能?!

従来の紙のカルテの場合、検査センターに検査を依頼する時は、紙のカルテを郵送しなければ行けませんでした。しかし、電子カルテを使用することによって、電子カルテに医師が検査して欲しい事を入力し、簡単にカルテを検査センターと共有することが可能となります。郵送する手間も省くことができますし、郵送や返却のミスが起こらないというメリットもあります。郵送途中での紛失なども避けられるので、個人情報の保護にも繋がるでしょう。

現在電子カルテが主流になりつつある医療関係施設。メリットとして患者の記録がすぐ出せたり、一台のPCで管理ができるという点です。まだ導入していない所もありますが増加の傾向にあるといえます。