基礎体力を作る!室内遊具のチェックポイント

遊び場が少ない現代、お家を公園にしちゃいましょう

交通網が複雑化し、子どもの声がうるさいと社会問題になってしまう現代、公園は子供たちの遊び場から、お年寄りの憩いの場に変わってきています。お年寄りが利用するのは構わないのですが、本来のターゲットである子供が遊具で遊べず、筋力や体力の低下に繋がり、問題視されてきています。ならば、外にこだわらず、お家の中を公園にしてしまいましょう。雨の日も遊べますし、暗い時間になっても遊べるので、メリットはとても多いですよ。

これだけは取り入れよう。室内遊具のポイント

室内遊具も色々ありますが、ジャングルジムは一番に考えましょう。ジャングルジムは自分の体を引っ張って上に登ったりと全身を使います。大きさ的に小学校低学年までしか遊べませんが、この時期に全身運動をお家でやるとやらないとでは大きな差が出ます。ブランコが脇に付属しているものもありますので、ブランコ好きなお子様のいるお家は、ブランコ付を選びましょう。そして、あまり知られていませんが、ジャングルジムはお子様が使わない時は、室内の簡易物干しざおにもなります。

アレンジで遊びの幅を広めよう

室内遊具は他にも色々ありますよね。ミニトランポリンも、全身運動やバランス感覚のトレーニングとして素晴らしい遊具ですし、ミニ滑り台やボールプールも子供たちに人気です。これらの遊具を合体させてみましょう。例えばミニ滑り台の着地先にボールブールを置くと、怪我の防止になりますし、ボールが着地時に体に当たって感覚遊びになります。ボールプール自体は、おままごとのお家代わりにもなります。お家の方のアイディアで、お子様の運動能力や感性を存分に伸ばしてあげましょう。

室内遊具は幼児が使う製品なので安全性が重視されていますが、誤った方法で使うと重大な事故に繋がります。家庭で使う際は適切な方法で遊具を固定すると共に、部品の除去や改造などは行わないことが大切です。